【ネタバレあり】ルパンVSコナンで実現した対決!!作者の考えとは?いったいどんな内容?

スポンサード リンク

Amazon.co.jp 一般

LINEで送る
[`twib_users` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【ネタバレあり】ルパンVSコナンで実現した対決!!作者の考えとは?いったいどんな内容?
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on @nifty clip

やっほー!もりもりだよ!!

やっほーもりもり

今日はあの人気アニメ同士がコラボして話題になっているあの映画についてお話ししちゃうよ♪

そう、そのアニメは…『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』!!

コナン3
これは初めてコラボしたのが5年前
その時は映画ではなくてテレビスペシャルでのことだったんだけど、すごく衝撃を受けたんだよね。

コナン1

だって絶対になんでも盗んでしまうルパン三世となんでも解決してしまう名探偵コナンだよ?
ものすごく斬新なコラボだし、作者がOKを出したことにビックリしたのを思い出すよ。

あと、コナンは毎年映画をやっているけど、ルパンって映画館ではあまりやらないでしょう?
この辺もルパンにとって新しい感じがしたんだ。

ファン層も違う二つの作品だけにたくさんのお客さんが足を運びそうだよね。

このコラボについて作者の2人はこんなことを言っているんだよ。

まず、二人とも前回のコラボの評判がよかったから映画化は予想していたみたい。

ルパンの作者、モンキー・パンチさんは名探偵コナンをこういう風に思っているんだって!!
「高校生が小学生になってしまうやり方が斬新」
「子供をターゲットにするうえでうまいやり方で、ルパンもこうすればよかったかな?」
って言っていたんだ。

反対に名探偵コナンの作者の青山剛昌さんはルパンのことをこう思っているみたい。
「007のように変装したり変声器なしで声色を変えたりできるスーパーマン」

たしかにコナンは声を変える時に蝶ネクタイの変声器を遣っているもんね。
この辺はルパンのほうが上手だね。

そうそう、前回のコラボアニメのルパコナは見たかな?
見てない人のためにあらすじを書いちゃうね。

コナン4

ヴェスパニア王国が舞台なんだけど、そこの王家の私有地で狩りをしていた公爵と王子。王子に間違えて撃たれて女王様がなくなってしまうんだ。
王子はそのまま銃を公爵から奪って自殺…
そこで王位継承するのがミラ王女になってしまうのが始まり。
そして日本でのホテルのレセプションパ-ティーに出席してコナン一行と会うんだよ。
見た目が似ているコナンの蘭姉ちゃんとミラ王女が入れ替わってそのまま蘭姉ちゃんが王国へ帰ってしまった。
それを許せないコナン君は飛行機につかまって不法入国。

ルパン希少価値の高いヴェスパニアの鉱石を狙って王国入り。
やはりプロのルパンは鉱石を見つけてしまうんだよ。

そして蘭姉ちゃんの姿のミラ王女も不二子ちゃんに誘われて王国入り。

そのままコナン君は女王と王子が死んでしまった理由を探るんだ。
それで解決させることで話は終わるんだよ。


その理由は公爵が王子と女王を殺していたから!!

コナン

最後に興味深かったのはコナン君が工藤新一だってことをルパンたちが知っているということ。
物語はこれで終わってしまったから続きがきになるよね。

でも気になっているのが全然「VS」じゃないこと(笑)
前回は全く戦っている感じがなかったよね!!

今回のものは怪盗キッドも登場していることからしっかりになりそうな予感!!


みんなも見に行ってみてね!!

 

さーて明日は何を書こうかな?

LINEで送る
[`twib_users` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【ネタバレあり】ルパンVSコナンで実現した対決!!作者の考えとは?いったいどんな内容?
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on @nifty clip

Amazon特別プロモーション

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントを投稿する前 に、下の計算式の空欄を埋めて下さい。(漢数字も使われています) *

サブコンテンツ

♫もりもりニュース
スクリーンショット 2013-11-02 22.25.48

カテゴリー

このページの先頭へ